シムスの一族/第一世代16

デニス、帰る

ガーデニング中のフレディです。ガーデニングスキルの為の農作業をさせています。
もうお金には困っておらず『金持ち』認定もされているので、エドにはガーデニングはさせていません。ガーデンステーションのお陰で水やりも不要なので、自主的に草取りをするだけです。

家の前では両親が、留守の次男の話をしています。



ラニさんだって偶には洗濯物を集めるんですが、かごに入れる前にそんなアナウンスが。
お陰で放置しちゃいましたよ。かごはすぐ後ろなのに。

『電話してね』とデニスは言ってましたっけ。
でも一度も電話したことがなかったのを思い出したプレイヤーです。電話しましょう。


なぜラニさんが普段はしない『洗濯物集め』をしていたか、といえばただ単にパソコンが壊れていたからなんです。
修理は勿論、エドの担当。

修理が終われば、自主的に料理。マメだなぁ、この男。

ラニさんは、直ったパソコンでまたチェスしてるし。
勿論『執筆』に変更ですよ。

そこにお知らせ。
デニスは母親ラニさんと同じで『スポーツ好き』特質持ちでしたからこそで、ラニさんはデニスをスポーツアカデミーに入れたんでしょうが、ダメでしたか。
いいよいいよ、帰っておいで。

フレディ「へぇ~。デニス、帰ってくるんだ? 高い金出しても意味なかったね」
ラニヤ「いいのよ。嫌なら仕方ないわ」

やめずに続けていれば、特質を獲得するんですか。そりゃ惜しい。

エドが庭でヒマワリダンスをしている所へ、デニスが帰ってきました。

デニス「叱られちゃうだろうから、こっそり帰ろうっと」

エド「気が付かないわけないだろう? 学校をやめるのは構わないが、途中で投げ出すことを覚えるのは良くない事だ、とお父さんは思う」
デニス「はい。ごめんなさい。眠いんですけど」

フレディ「いいじゃん。デニスが帰ってきて、僕も嬉しいよ」

フレディ「あれ? ミスティー。ミスティー。どこ行ったぁ~」

見つけてもらって嬉しいミスティー。
ちゃんと好感度上がります。ラニさんとは大違いだ。

フレディ「お前は可愛いなぁ~」
ラニヤ「可愛くないわよ」

抱っこしてなでなで。


料理スキルの一番高いエドには、グルメペットフードを作って貰う事にしました。
これ、プレイヤーはまだ一度も作ったことがないのです。

器が必要だったので、ここに一つ置いたんですが、ラニさんがすかさず普通のペットフードを入れてしまいました。
こういうことは素早いんだ、この人。

お陰でペットフードボウルをもう一つ買う破目に。

エド「ミスティー。おいでー。美味しいご飯だよー」

既に来てますって。

ちっさいなぁ。可愛い!

フレディとデニス兄弟は、外で水風船合戦をしていました。
兄弟が仲良く遊ぶ様子は見ていて嬉しい。

庭に鳥がいて、やったねーと喜んだプレイヤーでしたが、この場所は採れないようです。
カメも一緒にいましたけれど、既に二階にいるカメと同じ種類だったので、売っちゃいました。

デニス「えぇー? 僕が農作業やるの?」
エド「当たり前だ。フレディもやってるぞ」
ラニヤ「ウチに居たかったらやりなさいね」

子供がフリーウィルで農作業するMODを入れているんですが、動作しません。
指示しても全くしてくれないので、入れた場所が悪いのかな。
デニスに出来るのは、枯れた植物を処分するだけです。

デニス「あぁバスが来てくれて助かったー」
フレディ「ばーか。帰ったら続きをやれ」
デニス「えぇー?」

農家の子供が農作業を手伝うのは、当たり前だと思うのです。