シムスの一族/第一世代06

結婚して初めて一緒にテーブルに着きました。
エドは緊張しつつも、一生懸命話しかけている様子。

エド「あ、あのね。仕事、やめてもいいからね。農園だけで食っていけるから」
ラニ「私の印税収入と有給休暇手当、忘れてません?」
エド「そ、そうだね、ごめん」



仕事はお休みですが、育児は大変ですからね。

郵便屋さんが来ました。
請求書だったので、手が離せないエドの代わりに、ちょうど手の空いたラニさんに出てもらいました。

ラニ「なんですって?」

請求書も来ていたんですが、郵便も来ていたのでした。

ラニ「どういう事かしら。お友達じゃなかったの?」
エド「や、友達だよ、友達」
ラニ「顔が赤いですけど」

エド「え?」

日焼けですか。
今までホームレス系プレイをたっぷりしていまして、日焼けはみんなしていましたけれども、こんなになったのを見るのは初めてでした。

うわー。背中も腕もひどい。
(安かったから設置していた公衆シャワー。普通のシャワーに買い換えないとな)

ラニさんにホリーの事を突っ込まれて動揺したのか、料理を失敗しました。

エドの料理スキルレベルは3でしかないから、こういう事もあるでしょうが、ひどい。

慌てて作り直しているところへ、ラニさんの有給休暇手当てが入る。

男として、世帯主として、負けてられません。
農作物を売りに行きます。ほら、§13,000分もある。
(ついでに宝くじも買う)

指さして笑われました。
その顔その格好のあなたが人を笑う資格があるのか、と小一時間ほど問い詰めたい。

笑われたのがショックだったのか、エドは帰ってきたらベッドに直行でした。
でも寝室に入る前に§マークを上げていくあたり、やっぱりお金のことを気にしていたな、と思う。

現在家はこんな感じ。
敷地が広すぎて持て余してますが、冬に備えて温室も建てました。
ストーンスロー温室の屋根はサイズが合わず、温室の屋根は平屋根です。
さてどうしよう。

跡取り息子をあやす当主。
農作業と家事(料理)で忙しいですが、子供の面倒もちゃんと見ますよ。

エドは女の子を欲しがっていましたし、もう一人作りますか。

ご懐妊決定。

え……まだそんなこと言ってるのか。
まぁね。まだ新婚だしね。まだ数えるほどしかしてないしね(これはエドのムード)。

食事は、微妙にタイミングがズレました。
ラニさんは片付けないまま、チェス(執筆に強制変更)を始めてしまいます。

ラニさんの分の食器も片づけるエド。

ラニ「あら、悪いわねー」
エド「いいよー仕事頑張って」

ラニ「あれま。今回は良くなかったわね。これじゃ亭主をこき使えないわ」

この先、ラニさんにはスイカばっかり食べてもらう事にしますか。
と、わざわざスーパーでスイカを買ってラニさんの所持品に入れておきました。
収穫したスイカは全部売っちゃっていて、現在はなかったのでした。